赤松炭

赤松炭とは?

アカマツは用途の多い樹木である。樹脂を含み、燃えると高温を発生するのでマツ葉も含め、燃料としては非常に優秀である。炭としても良質であり、刀鍛冶などに用いる炭としては欠かせないものであった。松の薪が燃料として優れているのは、樹脂を含んでいることの他に熾き(おき)ができにくいこともあげなければならない。カシ類の薪は着火してもなかなか燃え進まず、たくさんの薪を一度にくべると熾きができて炉がつまり、温度が低下してしまう。松の薪は一気に燃えて灰も吹き飛んで、ほとんどなくなってしまう。キャンプファイアーをやった経験のある人ならわかるはずであるが、松は翌日には灰すら見あたらないほどになってしまうが、カシの薪は翌朝までくすぶっている。このような松の性質は、たくさんの薪を長期間焚き続ける窯業にはもってこいの燃料であった。
参考文献アカマツ

赤松炭の吸着効果

赤松炭は普通の炭に比べて5~10倍もの吸着効果があると言われています
チャ子

【赤松炭の吸着実験動画】

 

この記事に対する感想を教えてください

  • この記事を書いた人

チャ子

チャコールダイエット研究会を管理している”チャ子”です♪ 美容やダイエットに良いと噂のチャコールダイエットについて、大学で徹底的に研究中です!

更新日:

Copyright© チャコールダイエット研究会 , 2018 All Rights Reserved.